CASE STUDIES

ご利用のシーンにマッチした導入プランをご紹介

フィットネスクラブのためのViPR

フィットネスクラブに
ViPRを導入する場合

  • クラス
    ViPR本数
    (目安)
    メリット
  • パーソナルトレーニング
    5本~7本(違う場所で同時にレッスンをしない場合)

    ViPR を使えば、きめ細かなフォームチェックが可能ですので、さらに、パーソナルトレーニングの質向上につながります。

  • スモールグループ
    15本程度(レッスン10名と想定)

    少人数でセミパーソナル感覚で受講できるので、参加者の満足度向上につながります。有料プログラムにすれば、新たな収入源となります。 TRIBE Team Trainingも可能

  • ラージグループ
    35本程度(レッスン30名と想定)

    これまでのスタジオプログラムにない新しいツールを使ったレッスン導入により、会員の利用度アップにつながります。 ViPR Workoutも可能

フィットネスクラブ導入事例

Case.

海外フィットネス導入事例

世界では、アメリカ最大手のEQUINOX、イギリス最大手のVirgin Acvtive をはじめ、世界のメジャーフィットネスクラブがViPRをパーソナルトレーニング、スモールグループ等に導入しています。

アメリカ最大手 EQUINOXがViPR導入

EQUINOX公式サイトでも紹介されている他、
ViPRの効果の高さを紹介する導入動画が公開されています。

イギリス最大手 Vigin ActiveがViPR導入

Virgin Activeは、エリザベス女王よりナイトの称号を授与されたリチャード・ブラントンがCEOを務めるVirginグループ参加のフィットネスクラブです。

NewsPaper

Case.

ゴールドジム表参道店(国内事例)

■ スモールグループレッスン 20分

10人弱のスモールグループレッスン、基本のエクササイズを軸に、週ごとにエクササイズを変えて実施。本数は4kg,6kg,8kgを中心に15本程度を使用しています。

レッスン参加者の声
  • 最初「20分って短いのでは?」と思いましたが、実際やってみると、ViPRは短時間で鍛えられて大満足でした!きついけど、楽しい…あんなに短時間で全身に効果が感じられることはなかったので、毎週通いたいです。
    (40代女性)

  • 短時間でいろいろなエクササイズが組み込まれているので、上半身も下半身も同時に鍛えられてすごいと思いました。こんな効果的なレッスンが会員費の中に含まれているのはお得だと感じました。
    (30代男性)

ViPR 導入の流れ

  • 1

    ViPR LMT COMBINE
    認定コース(1+2)

    を受講する

    講習を受ける日程を予約してください。
    全講習終了後、認定証が渡されます。

  • 2

    ViPRツールのご購入

    ViPRツールは認定取得後、購入が可能となります。
    パーソナルトレーニング、スモールグループの人数・回数等によって、ViPRの最適本数をお選び下さい。

  • 3

    ViPR認定コース
    再講習が可能です

    「エクササイズを忘れてしまった」「質問がでてきた」

    再受講は、¥10,800(税込)で何度でも受けることが可能です!

  • MOVE MORE

    様々な研修メニューで
    ViPRの更なる活用へ

    ViPRと他のトレーニングツールとのコラボレーショントレーニングや、高齢者、子供向けのワークショップもあります。

  • ViPRを使ってレッスンするトレーナー、インストラクターはライセンスが必須です。4名様以上のお申し込みで、クラブ個別の研修が可能です。
    また、10名以上の場合は一律40万円となります。
  • コース再講習受け放題システムのご利用は、新規受講者が4名以上参加の場合に限らせていただきます。
ViPR LMT COMBINE 認定コース(1+2)の
お申し込みはこちら

ViPRの購入・導入には、認定コースの受講が必要です。
また、導入後は何度でも再受講が可能です!

PAGETOP